婦人科 月経以外の出血 月経以外の出血(不正出血)

ホルモンの異常やさまざまな病気により、月経(生理)時以外に性器から出血することを不正出血といい、婦人科受診の理由で「生理不順」「おりもの異常」と並んで多い症状です。大量に鮮血が出るような場合はもちろんのこと、おりものに少量の血が混ざっているような場合も不正出血です。不正出血には、膣や子宮、卵巣などに何らかの病気があるために出血する「器質性出血」や、病的な原因はなく、ホルモン異常によっておこる「機能性出血」、また、中には排卵期におこる病気ではない不正出血もあります。
ただし、自己判断は禁物です。不正出血はすべて「異常」と考え、出血の量や回数、ほかの症状の有無にかかわらず、まずは医師にご相談ください。

検査方法

子宮がん検査やおりものの検査、超音波検査を行う場合があります。

原因としてありうる病気

  • 子宮頚がんや子宮体がんなどのがん
  • 子宮筋腫・卵巣のう腫(良性)
  • ポリープ
  • 排卵期の出血(病気ではない)
  • 外傷
  • 妊娠関係(流産など)
  • ホルモン異常(無排卵など)
  • 原因不明

などがあります。

治療方法

原因によって治療は様々ですが、長期間持続している場合、多量の場合には適切な薬の処方を行うことが多いです。

土・日・祝日・夕方も診療・手術

診察時間 / 9:30~19:00

駅ちか(池袋駅から徒歩2分)

JRほか各線「池袋駅」33出口より徒歩2分

24時間WEB受付(完全予約制)
休診日は年末年始・ビル休館日(1年に1度)のみ
アクセスマップ

クリックで拡大地図を表示します

アクセスマップ