婦人科 トリコモナス トリコモナス

トリコモナスとは

トリコモナスとは、トリコモナス原虫という肉眼では見ることのできない原虫が性器内に入り込み炎症を起こす性行為感染症の一種です。他の性感染症(性病)とは異なり、若年層だけでなく中高年にも幅広く感染者がみられます。膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生します。尿道に感染した場合は尿によって流される可能性があります。
また感染経路が多く、主な感染は性行為(SEX)ですが下着やタオル、便器や浴槽といった場所から感染する可能性がまれにあります。つまり、性行為の経験のないかたや幼児も感染する場合があります。

症状

トリコモナスが膣内で増えるに従って、膣の自浄作用が損なわれ、様々な細菌が発育増加することで、泡状で異臭の強い黄色いおりものの増加、膣やその周辺部分に強いかゆみや痛みを感じます。
悪化すると炎症が卵管まで進み、不妊症や早産、流産をまねく程ひどくなってしまいます。
通常は感染から10日程で症状が出ますが、感染者の半数が無症状です。
その為、気づかずに放置するといったケースが多いです。

検査・診断

腟や子宮の入り口のおりものを採取して検査します。検査結果はWEBで確認できます。

治療

抗菌薬の内服と膣錠で治療します。パートナーは泌尿器科で検査・治療を行い、お互いが検査で「陰性」となるまで性行為をしないようにしましょう。
他の病院などで検査をして「陽性」だった場合も当院で治療可能です。その場合は、必ず検査結果を持参してください。

予防・予後

予防には性行為で感染するためコンドームを使用することが有効ですが、完全に防げるわけではありません。不特定多数や感染が疑われる相手との性行為を避けることも重要です。

土・日・祝日・夕方も診療・手術

診察時間 / 9:30~19:00

駅ちか(池袋駅から徒歩2分)

JRほか各線「池袋駅」33出口より徒歩2分

24時間WEB受付(完全予約制)
休診日は年末年始・ビル休館日(1年に1度)のみ
アクセスマップ

クリックで拡大地図を表示します

アクセスマップ