婦人科 ミレーナ ミレーナ

「ミレーナ」はレボノルゲストレルという女性ホルモン(黄体ホルモン)を、子宮の中で5年間持続して放出する子宮内システム(Intra Uterine System:IUS)です。医師により、子宮内へ装着します。日本では避妊用として2007年から自費で採用されていました。2014年からは、過多月経、月経困難症の治療法として保険診療でも行われています。

効果

ミレーナは子宮内膜に作用して内膜を薄くして妊娠の成立(受精卵の着床)を妨げ、避妊効果を発揮します。また、子宮内膜への作用により内膜を薄くすることで、月経量を減少させるとともに、月経痛を軽くする効果があります。排卵はミレーナ挿入前と同様にありますが、5人に1人は月経量の減少から無月経になります。

避妊リング装着に適している方

  • 避妊をしたいが、様々な理由、事情によりピルを飲めないかた
  • 長期間、妊娠の希望がないかた
  • 月経痛が辛いかた、月経量が多いかたで現在妊娠を希望していないかた(保険が適用されますので医師へご相談ください。)

装着のタイミング

ミレーナは、生理の終わりかけに装着する必要があります。生理開始日から4~7日目を目安に装着をします。

まずは超音波検査にて子宮・卵巣の状態を確認させていただきます。ミレーナ挿入して問題ないと確認がとれれば当日の装着可能です。

副作用は?

ミレーナを装着して最初の2~3か月程度は、不正性器出血が続くことがあります。茶色で少量の出血であることが多いです。
通常の月経のような量となる場合はミレーナがずれている可能性があるため、受診してください。

費用(自費)

71,500円(税込)

※クレジットカード払い可

※症状がある方は診察時にご相談ください。

土・日・祝日・夕方も診療・手術

診察時間 / 9:30~19:00

駅ちか(池袋駅から徒歩2分)

JRほか各線「池袋駅」33出口より徒歩2分

24時間WEB受付(完全予約制)
休診日は年末年始・ビル休館日(1年に1度)のみ
アクセスマップ

クリックで拡大地図を表示します

アクセスマップ